扉を開けると本の向こう側の世界が広がっていた。

猫町倶楽部とは、参加者が毎回課題図書を読了して集まり、
それぞれの気付きをアウトプットすることで学びを深め合う読書会です。

特別イベント

  • 2019年9月14日(土) 
  • 第29回関西シネマテーブル「ニュー・シネマ・パラダイス」

夏の暑さも一段落し、秋の気配が感じられるようになった9月半ばの夜、第29回関西シネマテーブルが開催されました。
今回の課題映画は感動映画の金字塔「ニュー・シネマ・パラダイス」
関西シネマテーブルでは初の旧作です。

会場のラポーティアに入ると、ニュー・シネマ・パラダイスのテーマソングが流れています。長年映画ファンに愛されている名作ですが、音楽の良さも魅力のひとつですね♬
「劇場版」「オリジナル版」「完全オリジナル版」がありますが、みなさんがどのバージョンを鑑賞されたのかが気になります!今回は24人(うち初参加3人)の方にお集まりいただきました。

シネマテーブルが始まりました。
やはりどのバージョンを見たかで盛り上がります!
参加者の方からは以下のような感想、意見がありました。

・大人になってからみるとよく理解できる
・主人公が故郷を離れ成長していくことに焦点を当てた劇場版が好き
・完全版はトトとエレナのその後が描かれるのでわかりやすい
・完全版の中年恋愛ドラマ、ちょっとやりすぎなのでは
・ボッチャは色々とがんばっていた
・トトのお母さんは30年も戻らない息子の帰る場所をずっと守っていた

今回ご参加くださった、いっとくさんが貴重なコレクションをお持ちくださいましたのでご紹介しましょう!
DVD、ポスター、劇場公開版と同じパンフレット、そしてフィルムの1コマ(ニュー・シネマ・パラダイスらしいですね!)などが入ったメモリアル・コレクションだそうです。

貴重なコレクションの数々



そして何と、いっとくさんは映画が撮影されたシチリアの村にも行かれたとの事!
そんないっとくさんにとって、ニュー・シネマ・パラダイスとは、また好きなシーンについてお聞きしました。

A:人生が詰まった映画、映画への愛があふれた映画だと思います。
好きなシーンは「アブラカダブラ!」
(アルフレードが映画好きな村人たちに粋な計らいをするシーンですね!)

いっとくさんが訪れた、撮影場所となった村の写真を見せていただきました!



いっとくさん、貴重なコレクション、お話をありがとうございました!



シネマテーブル終了後の懇親会は、話題映画、最近見た映画、フリートーク等のテーブルが設けられ、興味のあるテーブルに移動してもらいます。
話題映画のテーブルでは、「ロケットマン」でエルトン・ジョンを演じたタロン君の歌唱力を絶賛する声や、タランティーノ監督の最新作ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドなどについての感想が語られました。

いつもおいしいラポーティアのお食事。今回は楽しいビュッフェスタイルです!



 

次回関西シネマテーブルは10月27日、日曜日の開催となります。
課題映画は「人間失格 太宰治と3人の女たち」(9月13日~公開中)
関西文学サロン月曜会とのコラボ企画となり、ドレスコードがあります。
ドレスコードは「文豪」または「vivid」です。

 

 

シネマテーブルでは、課題映画のほかに「話題映画」が設けられています。
話題映画の鑑賞は自由なのですが、懇親会での話題のきっかけになるかと思いますので、ご都合がつく方はぜひご覧くださいね!
そして次回の話題映画は「ジョーカー」(10月4日公開)です。
孤独な男が、バットマンの敵ジョーカーになるまでのドラマが描かれており、主演ホアキン・フェニックスの演技が絶賛されています。

 

 

来月もたくさんの方のお越しをサポーター一同お待ちしております!

文:とむまつ 写真:ジュリア

開催結果レポート一覧に戻る

最新の開催結果
第123回 東京アウトプット勉強会『「差別はいけない」とみんないうけれど。』
第123回 東京アウトプット勉強会『「差別はいけない」とみんないうけれど。』
第123回 東京アウトプット勉強会『「差別はいけない」とみんないうけれど。』
開催結果をすべて見る
  • 入会・参加方法
  • メディア掲載実績
  • 取材について
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 名古屋シネマテーブル水曜会

このページのTOPに戻る