扉を開けると本の向こう側の世界が広がっていた。

猫町倶楽部とは、参加者が毎回課題図書を読了して集まり、
それぞれの気付きをアウトプットすることで学びを深め合う読書会です。

名古屋シネマテーブル水曜会

  • 2020年1月29日(水) シネマテーブル:19時30分~ 懇親会:21時10分~
  • 第113回:名古屋シネマテーブル『パラサイト 半地下の家族』

どうも、こんにちは。名古屋シネマテーブルのボランティアスタッフ、通称“サポーター”のルシオと言います。何でも、まだシネマテーブルに参加したことがない人、参加を迷っている人にも届くように開催レポートを書かせてもらいます。おそれ多いのですががんばります。どうぞ最後までよろしくお願いします。

今回の課題映画は…ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』です。



カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを授賞したのを皮切りに数々の賞に輝く本作。飛ぶ鳥もチキンになる勢いの中、参加者は80名。「猫町倶楽部」の初参加は6名。また“名古屋シネマテーブルは初めてだよ”って方はさらに多かったようです。伏見駅近く、Nov.cafeとElephant’s Nestの二会場での開催となりました。

『パラサイト 半地下の家族』あらすじ~


“半地下住宅”で暮らす貧しい家族キム一家の長男ギウが、IT企業を経営するパク社長一家が暮らす“高台の大豪邸”に家庭教師として通い始める。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく…。

ポン・ジュノ監督の作品は過去にも課題映画に取り上げたことがありまして「待ってました~!!」の思いがとどまる所を知りません。

第83回:名古屋シネマテーブル 「オクジャ」

今回もサポーターの方々が七転び八起きで手作りしたアイテムがずらり。沢山の参加者を前に少し照れた様子です。



ドリンクをオーダーして、会の説明を聞いて、よろしくこんにちはの自己紹介をしたらシネマテーブルの始まりです。

◇韓国社会を反映した登場人物たち





ブラックコメディ?サスペンス?ホラー?先が読めなくてとにかく面白かった!
中には血の気の多い感想や、主人公たちの行動に対して慎重な意見も。
映画を見た後の胸のざわざわを一言また一言と思い思いの感想を話し合っているよう。Nov.cafeは今日も賑やかです。

ここで気になるのは「楽しそうだけど、顔を合わせて映画の話しをするなんて不安…」そんな気持ちですよね。

猫町倶楽部の大切なルールとして〈他人の意見を否定しない〉があります。それぞれの感想に正解も間違いもないですよね。つい興奮しちゃうのはわかりますけど。。(〃_ _)σ∥



さて、次に紹介するのは第二会場 Elephant’s Nest


◇悪い人は1人もいない。だからこそ辛い…





社会性を持ちながらエンタメとしてすっごい面白かった!
主演のソン・ガンホさんの台詞ではなく表情で訴えるシーンなど、俳優陣の演技に引き込まれた。
是枝監督の「万引き家族」や、まだまだ記憶に新しい「ジョーカー」を引き合いに出して感想を語る方も居ましたね。

他にも課題映画に関係して、
・バーニング 劇場版
・タクシー運転手 約束は海を越えて
・下女
などのタイトルが挙がりました。興味があることは何でも聞いて“好き”が連鎖するといいですね。
(・∀・)人(・∀・)



21時を回った所でシネマテーブルは一旦お開きです。話足りない…なんて後ろ髪を引かれるのはまだ先の方、Nov.cafe組もElephant’s Nestへ移動して懇親会(二次会)の始まりです。
アルコールやソフトドリンクを片手に乾杯。


初めましての方も、お久しぶりの方も、「うわーん会いたかったよ好き好き!」の方たちも揃って乾杯です。
ここからはフリートーク。最近見た映画やオススメの映画など何でもようこそです。



懇親会ではみなさんに向けたサポーター一押しの話題映画を設けたテーブルが用意されています。もっと映画の話がしたい方はいらしてくださいね。

今月の話題映画は『マリッジ・ストーリー』


あらすじ~女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ。

こちらのテーブルには、未婚者・既婚者・離婚経験のある方、未婚者だけど長い同棲生活を経て別れを経験された方など色んな立場の方が集いました。作品の考察というよりは、作品の内容と自身の経験を重ねて語る方が多かった印象です。

私も「アメリカの弁護士は嫌だ!!」と精神をすり減らしながら鑑賞しましたが、事情を知って見た2回目の方が泣けました。。あなたは何を感じました?

◇とりあえず3回来てみて
そろそろ終わりの始まりです。いかがでしたか?
「あーなんだか初めての参加はションボリだったなあ。」と悲しみの淵を歩く前にぜひ3回続けて参加してみて下さい。新しい発見や気の合う相手が見つかるかも。少しの勇気で見える景色が変わることもあるんですよ。



◇次回の名古屋シネマテーブルは2月26日(水)。課題映画は「007スカイフォール」などで知られる、名匠サム・メンデス監督の『1917 命をかけた伝令』です。

第一次世界大戦を舞台に全編がワンカットで撮影されたかのような驚異の映像とは一体!?
2月14日(金)より、ミッドランドスクエアシネマ、伏見ミリオン座他全国劇場にて公開です。

2月の懇親会の話題映画は、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」です。1月31日(金)より、 ミッドランドスクエアシネマ、伏見ミリオン座他全国劇場にて公開です。こちらの話題映画の鑑賞は必須ではありませんが、鑑賞しておくとよりシネマテーブルを楽しめますよ。


受付締切は2月23日(日)となります。お早めに!お申し込みはこちら
2/26(水):第114回『1917 命をかけた伝令』

またmixiのコミュニティに入ればより身近に楽しめますよ。
猫町倶楽部名古屋シネマテーブル





文:月並 流汐
撮影:シネマテーブルサポーター

開催結果レポート一覧に戻る

最新の開催結果
第19回フィロソフィア東京読書会 濱野ちひろ「聖なるズー」
第19回フィロソフィア東京読書会 濱野ちひろ「聖なるズー」
開催結果をすべて見る
  • 入会・参加方法
  • メディア掲載実績
  • 取材について
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 名古屋シネマテーブル水曜会

このページのTOPに戻る