扉を開けると本の向こう側の世界が広がっていた。

猫町倶楽部とは、参加者が毎回課題図書を読了して集まり、
それぞれの気付きをアウトプットすることで学びを深め合う読書会です。

  • HOME>
  • 開催結果レポート>
  • 【名古屋】コアタイム・リブート『グッド・トリップ』&『コンテンポラリーダンスナイト』

特別イベント

  • 2019年5月6日(月) 
  • 【名古屋】コアタイム・リブート『グッド・トリップ』&『コンテンポラリーダンスナイト』

名古屋猫町倶楽部では2019年2月から月に1度『コアタイム・リブート』と称して、猫町倶楽部に一度でも参加したことのある人やその友人・パートナーを対象に、ここに来ればメンバーさんに会える「たまり場」的パーティを開催しています。
普段から読書会やシネマテーブルに参加している人だけでなく、猫町に来たばかりで知り合いのいない方も、ちょっとお酒を飲みにくる感覚で遊びに来てもらえると読書、映画や分科会の話ができますよ。
会場は栄の中心、錦のビルの中にあるSOUNDBAR JAP。





4/21(日)に行われたvol.3となる今回のイベントタイトルは『グッド・トリップ』。トリップといえば……サウナですね!
2019年最重要カルチャーのサウナ。東海地方最大級の音楽イベントである森道市場でも今年は10基のテントサウナが設置され、大盛り上がりだったそうです。
DJ陣は「熱い」アップテンポな曲をかけるタイムと「水風呂のように」ひんやりとしたチルアウトな曲をかける時間を交互に使い分け、さながら交互浴のよう。
フロアには「ととのい」が訪れました。



今回はスペシャルとして、サウナ発祥の地フィンランドの国民的ドリンク「ロンケロ」を再現したカクテルも。



エキシビジョンはサウナ・スパ健康アドバイザーによる『サウナ・トーク』。

前半の「入門編」では初心者に向けてサウナの楽しみ方をたっぷり語ってもらいました。



ロウリュウの実演も。



後半「フィンランド編」ではフィンランドのサウナツアーでのディープでプレミアムなお話を伺いました。




イベントの締めはオーガナイザーきょうへいさん(元月曜会サポーター)によるDJ。
この日のためにDJの猛練習を積んできたきょうへいさんの外気浴を表現した滑らかなプレイに、フロアは戸惑い&大盛り上がりの夜更けでした。




    - – - – - – - – - – - – - – - – -


4回目は5/6(月)。大型連休の最終日に『コンテンポラリーダンスナイト』。
猫町倶楽部主宰タツヤさんによる愛知県芸術劇場とのコラボイベントになりました。



まずは『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイド』による読書会。





「著者の方のダンサーやカンパニーへの思い入れがそのまま書かれていて面白かった。興味を持つ最初の一歩としては取っ付きやすい内容だった」
「ダンスとはどこからがダンスなのか?表現方法として踊らないダンスもダンスなのか?という疑問を持った」
「youtubeで検索しながら読むとわかり易かった」
「同著者(乗越たかお)の『ダンスバイブル』がわかりやすかったので合わせて読むのをお勧め」
「自分が学生時代には体育で「創作ダンス」という授業が有ったが苦手であった。もっと低年齢のころから自己表現をする機会を多く続ければ、ダンスで表現することがしやすくなるかもしれない」

などといった意見が交わされました。



読書会のあとは愛知県芸術劇場シニアプロデューサーの唐津絵理さんをゲストにお迎えしてのレクチャータイム。





バレエとダンスの歴史、関係や代表的なコンテンポラリーダンスの紹介など課題本の総括的な内容で、課題本を読んでなくても全体がつかめ、読んでいる人には課題本を振り返って、より理解が深まりました。
直近に愛知芸術劇場で公演のあったローザスについての紹介ではローザスというダンスカンパニーの求めるもの、目指しているものをご紹介くださいました。
特に「ダンスと音楽の関係の追求」が興味深かったです。音楽を単にBGMとはしない。その曲へのリスペクトとして全曲をオリジナルのまま使用する、ダンサーは楽曲を楽譜の分析から始めるそう。また、至上の愛というジャズの曲をテーマとした理由として、ジャズの即興性と振り付けの関係を追求したかったからという点も興味深い。楽譜通りでない即興演奏に対して、どこまで事前の振り付けにし、どこまでをダンサーの即興に任せるのかをテーマとしているとお聴きして、そのあたりをどう演じているのか、この公演をこれから観に行く参加者にとってはたまらない内容に。

締めはDJタイムです。主宰によるブラックミュージック!




    - – - – - – - – - – - – - – - – -


コアタイム・リブートでは今後も分科会やベテラン・ビギナーに関わらず猫町倶楽部のメンバーが集って遊べるイベント・場所を月一回実施していきます。
次回は猫町UG(アンダーグラウンド)がオーガナイズするイベント『伯爵夫人』。
http://www.nekomachi-club.com/schedule/67807



第一部は元東大総長蓮見重彦による衝撃の官能小説『伯爵夫人』読書会、第二部はDJイベントを行います(DJイベントからの参加もok)。
なお今回はドレスコードが「仮面」になります。普段とは違う自分になって、ぜひ非日常を楽しんでみてください。
(仮面はAmazon等で容易に入手可能です。どうぞお好みでもう一人の自分を表現するペルソナをお選びください)
7月は二か月ぶりのDJメインのイベント! テーマは「夏フェス」の予定です。ご期待ください。



写真・文責:猫町倶楽部サポーター

開催結果レポート一覧に戻る

最新の開催結果
第155回名古屋アウトプット勉強会『世界史とつなげて学ぶ中国全史』
第155回名古屋アウトプット勉強会『世界史とつなげて学ぶ中国全史』
開催結果をすべて見る
  • 入会・参加方法
  • メディア掲載実績
  • 取材について
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 名古屋シネマテーブル水曜会

このページのTOPに戻る