扉を開けると本の向こう側の世界が広がっていた。

猫町倶楽部とは、参加者が毎回課題図書を読了して集まり、
それぞれの気付きをアウトプットすることで学びを深め合う読書会です。

関西アウトプット勉強会[ビジネス]

  • 2019年11月23日(土曜日) 読書会17:30〜20:00、懇親会20:15〜
  • 第116回 関西アウトプット勉強会 『誰のために法は生まれた』

秋の気色が深まり、肌寒くなってきた11月23日。
第116回関西アウトプット勉強会が梅田・ちゃやまちアプローズタワーで開催されました。


会場にはたくさんの人の熱気が…!
今回の課題本である「誰のために法は生まれた」は
数々の賞を取った話題作。


参加者は36名、うち初参加は6名。
中には「面白そうな課題本だから1年ぶりに猫町に参加した」なんて方も!


参加回数が少ない方向けのテーブルもあるので、気負わずにいらしてくださいね


初めに、猫町倶楽部のルールの説明があります。
・他人の意見を否定しないこと(本の批判はOK)

このルールを守って、自分の感じたことや疑問点を共有していきます。


それぞれのテーブルではこんな意見が出ました。

「法から税、教育にまで話しが広がり面白かった」
近松物語や演劇まで幅広い議題がありました。この本を読み終わり、次はギリシャ神話や山椒大夫を読みたいという声もちらほら。

「教授が結論を誘導しているように感じる、生徒も求められている答えを言っているのでは」
「法の起源がギリシャにまで遡って議論されるとは!」

「実際に個人を守るのは難しそう。本当に一旦ブロックできるのか?」
「グルvsグルだったらどうなるんだろう?」
なんて、さらに疑問点も出てきます。




あっという間に2時間の読書会は終了!

猫町倶楽部の各分科会から読書会の案内があります。




来月は合同のクリスマス会!
好きな課題本または映画を選んで参加してください。



読書会後は懇親会です。
今回はアプローズタワー地下の居酒屋にて。


たくさんの方が参加してくださり、熱気に溢れる会となりました!


前半は読書会のメンバーで、後半は好きな話題のテーブルに移動します。

今日のテーマはこちら
・学生時代にやっておけば良かったこと
・こんなクリスマスしてみたい
・週休3日になったら何をしたい?
・話し足りん
・フリートーク



どのテーブルも盛り上がっていましたね!


さて、次回の関西アウトプット勉強会は
12月7日(土)、関西猫町倶楽部の4分科会合同クリスマスパーティーです。
課題本は5つからお好きなものを選択してください。
①川端康成著『雪国』
②片山杜秀著『歴史という教養』
③宮下規久朗著『モチーフで読む美術史』
④【初心者推奨】山本多津也著『読書会入門—人が本で交わる場所』 
⑤映画 『戦場のメリークリスマス』

会場はなんばパークス7階「#702」です。
★ドレスコードは「ホワイトクリスマス」 
★プレゼント用の本またはDVDを1つご用意ください。


お申し込み、参加表明はこちらから。

■ 猫町倶楽部HP http://www.nekomachi-club.com/schedule/74578

■ mixi関西アウトプット勉強会 https://mixi.jp/view_event.pl?comm_id=4791644&id=91702606



(文:たまちゃん、写真:そねっち、えり、たまちゃん)

開催結果レポート一覧に戻る

最新の開催結果
第19回フィロソフィア東京読書会 濱野ちひろ「聖なるズー」
第19回フィロソフィア東京読書会 濱野ちひろ「聖なるズー」
開催結果をすべて見る
  • 入会・参加方法
  • メディア掲載実績
  • 取材について
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 名古屋シネマテーブル水曜会

このページのTOPに戻る